読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

主と彼

寂しくて、寂しくて、仕方ない」

と、思うことがなくなった。

たぶん、それは、「主」の存在のおかげだと思う。

だからって、前だって、そういう存在がなかったわけではないのだ。

前は、10年近くの付き合いの「彼」の存在があった。

住んでいる処も近いし、会いたいと思えば、すぐに会える。

なのに、寂しくて、寂しくて、仕方ない。ということが、ただあった。

この気持ちは、かなり厄介で、

伝えることも困難だし、かといって、やり過ごすと、

あらぬ方向にいってしまって、それが彼との別れの原因になったことは間違いない。

それが、今は、そういう気持ちにならない。

会う頻度が違うわけでもなく、

むしろ、今の方が、会う時間を捻出することがずっとずっと大変。

思いの強さのせいではない。

年齢を重ねたせいでもない。

じゃあ、何かっていうと、明確ではないけど

主のスタンスがはっきりしていること

その範囲でできることをしてもらっていること

で、安心できるせい、なのかな。

日常のほとんどが主と会えない時間なわけで

寂しい、寂しい、と、言っていても、何にもならないし。

一人の時間でも主を感じられることをすればいいし、

次の時間のために費やせば、寂しくない。

とはいえ、会えない期間が続く時は、

早く、主を感じたいと思うのですが(笑)

今日は北九州

最近の私のブログはこれからの予定を書くことが多いように思います。

まぁ、どうでも良いですけどね。

昨日は何となくぼんやりしていたように思います。

全体としては楽しかったです。

(^_^)

四国堰堤ダム八十八箇所

四国の川を考える会様から完走認定証が届きました。しかも昼間のパパは光ってるまで送って頂きました。今回から贈呈することになったそうです。

四国堰堤八十八箇所巡礼運営委員会様からは四国ダム神認定とダムアルバムのDVDまで届きました。

こんなに色々と送って頂けるとはびっくりです。次は中国地方ダムマニア認定がターゲットとなるでしょう。これを励みに頑張りたいと思います。

久々夕焼け

今月は連休の長距離が効いて月間1000kmを達成できそう

期待した夕焼けの色は出ないが、まあ良いか

農家の野菜販売

会社の近くで不定期ですが農家方の野菜販売があります。

本日、ちょうど出会ったので購入してみました(^∇^)

水菜、グリーンレタス、サニーレタスの3種です

2つ購入して、会社で一緒に働いている女性にもおすそ分けしました。すごく喜んでくれて…嬉しかったです

3種まとめてたった100円なんです(^^;;

夏には枝豆とトウモロコシを販売してくれるそうなので今から楽しみです

シャリシャリ

母親が服用している抗がん剤の副作用で

微熱が続いているようで、以前からアイスやシャーベットなどの

冷たいものをよく食べるようになった。

夏になると毎回購入するのが

かき氷タイプのアイス、いかんせん1個100円で

毎日、すごい時は一日に2個は平らげるので

買っても買っても追いつかない。

コスパも3日に1個食べる分には充分だが

こう毎日食べられると金もかかる。

で、近所のスーパーで購入したのが

ハッピーミックスというシャーベット製造機である。

シャーベットを作る時はジュースなんかを

冷凍庫で冷やしてかき混ぜるのだけれど

この商品はコップ状の中身が真空構造になっていて

冷凍庫で冷やしておけば、コップの中がきんきんに冷えて

そこに市販のジュースを流し込めばだんだん固まってシャーベットの

ようになるというものである。

これならペットボトルのジュース一本あれば

アイス三個分くらいの量にはなる。

いろんな味も試せるので、飽きられる心配もない。

そんなわけでさっそく使って見たんだけれど

母上が案の定、これで毎日のようにシャーベットを

作って食べるようになった。

これで今年はアイスを買いにいく手間も省けそうだ。

小池教室

今日の講義は正古(しょうぶる)誠子歌集『卯月の庭』より

年齢は67,8歳。

岡野弘彦さんのところにいたがそののち一人で個人誌を出している。

普通はなかなかつづかないものだけれど、3冊め。

この歌集はつつましい歌集。1ページ3首、活字が小さい。

一人暮らしで猫と、3歳の時母をなくして自分も持病を持っている。

  すでにいま死語といふべき「志」我がうちにあり うづくまりゐる

一読明解、志があるのだがそれはうづくまっている。

作歌のモチーフを言っている。

  筆とめてそれから死までの百九日堀田善衛に長き時間か

事実の重み、人が気が付かないことに目が留まる、(たとえ些細な物でも)

これが大事、歌がある。

堀田善衛相馬黒光の話を書いた人ではなかったかしらと記憶するが)

  我が鼓動に耳寄せてくる猫ありてしづけきものか生ある時間

わたしが眩暈をおこした時猫が一生懸命顔を舐めた。

夢中になって舐めるんですね、すると眩暈が消えた!感動しました!

  千年をのこる一首をうたひたる歌人はおよそ幸ひ少なし

(みなさま、千年残る歌など詠まないでいきましょう、目の前の幸せの方が大事です)

  若きより死までの友情おもふべし達治を悼む桑原武夫

三好達治桑原武夫三高の同級生親友。

素朴な歌、身に沁みる。

桑原は短歌の悪口をいっぱい書いた人だね。

わたしの父が桑原武夫と少し縁があって、何かの講演会の時控室で父がわたしを紹介した。

東北大学の学生です」

「おお、なにを勉強しているの」

「物理を」

「君、それじゃ京都大学へ来なさい」

(京大は難しくて入れなかった!)

(小池さんはいろんな話を交えるので楽しい)

題詠 ・ 回る

  電柱の陰でタバコを吸ひ尽くす探偵をらず時代はまはる

*面白いけど

 添削

  電柱の陰でタバコを吸ひて待つ探偵もなし時代はまはる

とうこ ・ 吸い尽くすというと長い時間、そして探偵が「ああ、もう無いや」と

      タバコの箱を握りつぶしたりする動作が想像できるかと思うのですが。

写真は春菊の花、春菊を一袋蒔いたら菜としてはよく育たず、

放っておいたらきれいな花が咲きました。