6年目のいま

あの日から、6年・・・

長かったようで、短かったようで

いま、パソコンに向かいながら

3月のやわらかな日差しを浴びていると

なにもかも夢だったような・・・

夢だったらいいのに、と

思わずにはいられません

どんなことがあっても

この先、なにが起こっても

やっぱり同じように

一日、一日、積み重ねていくだけ

ゆめゆめ、自分を責めすぎたり

怪しげな世界にハマって

占いジプシーになったり

しませんように

だって、人生は

どの道を選んでも、正解

なんですもの

つまずきも失敗も

みんな、肥やしになる

どうか

光のさす方向を見つけて

ご自分のペースで

進んで行ってください

ダイジョウブです

なにもかも

なるようになりますから・・・

写真は、2011年6.22の夏至の太陽

■本日のほにゃほにゃニュース

祈りの日、被災地照らす朝の光 東日本大震災から6年

(朝日新聞デジタル - 03月11日 07:34)

広告を非表示にする