日本人が知らない米国「保守派」の本当の顔  〜偏った報道では浮かび上がらない普通の人々〜

突然だが、銃をプレゼントされたら、あなたはどう反応するだろうか?しかも義母から。そんなバカなことがあるワケない、と思うだろうが、これは私の実体験だ。米国人と結婚して、米国に移民した記念に、と彼女がプレゼントしてくれたのだ。「なんてクレイジーな家庭に嫁いだんだ」と思うかもしれない。

しかし、義理の娘である私との関係も良好で、普段接する際には何の問題も起こらない。実際、義母は家族思いで優しいし、コミュニティへの奉仕も欠かすことはない、とてもフレンドリーで親切な人だ。困ったことはただひとつ。彼女が少々過激な保守派であることのみだ……。

「アメリカは、思っていた国とはまったく違っていた」――これが、過疎地を含む米国6州で実際に暮らし、短期滞在を入れれば18州を見てきた感想だ。2010年に米国に生活拠点を移すまでは東京でビジネスを展開し、米国企業とも仕事をしていたため、私はしょっちゅう出張で訪れていたこの国を「よく知っている国」と思い込んでいた。しかしそれは単なる頭でっかちな驕りでしかなく、実際にはこの国の本当の姿を、理解していなかったのである。

特に理解できなかったのは、米国が驚くほど「保守的」という事実だ。おそらく多くの日本人が知る「アメリカ」は、グローバル経済を重視し、社会的少数派や弱者の権利を重んじるといった、メディアが報道する「リベラル」な米国に近いだろう。しかし、少しでも都市部を離れると、米国のリベラルな側面は、途端に影をひそめる。

■郡レベルで見ると米国は圧倒的に保守的な国

確かに人口的にみると、リベラルと保守は半々なのかもしれない。しかし地理的に米国を見ると、米国は保守だらけだ。リベラル傾向にある人は、ニューヨーク、ロサンゼルス、サンフランシスコ、ボストンなど、沿岸都市部を中心とした限られた主要都市に集まっている傾向が強く、そのほかの地域はほぼ保守傾向が強い、と言っても過言ではない。

その証拠に、2016年の大統領選挙を州ごとではなく、郡ごとに分けた統計でみると、保守、つまり共和党ドナルド・トランプ大統領が圧勝した地域は、全3141郡のうち3048郡にも上る。地図にしてみると、米国の大部分が共和党のシンボルカラーでもある赤に染まるのだ。もちろんそのときどきの選挙によって、数字自体は変わる。しかし、バラク・オバマ前大統領が圧勝した2012年の大統領選挙でさえも、郡ごとの集計に注目すると、80%近くが共和党ミット・ロムニー候補を支持していたことがわかる。

「リベラルvs.保守」に分断された米国を語るとき、世間では「トランプ支持なのか否か」という点にどうしても焦点がいく。しかし、米国における保守は、トランプ大統領の支持者という以前に「保守という思想の支持者なのだ」ということを理解する必要があるだろう。

矢継ぎ早に出された大統領令への混乱などから、トランプ大統領への憎悪が増し続けている現状では、「トランプのせいで国が分断する」などと言い出す人がいるが、分断が進んだのは何もトランプ大統領1人のせいではない。たとえ、彼に問題があったとしても、論点や争点がまったく異なる問題がすべて「大統領のせい」にされてしまいがちな傾向や、それをあおり続けてしまう偏向報道のほうが、この国の分断を助長させる原因になりかねない。

たとえば、米国の報道はもちろん、日本の報道の多くは、トランプ支持者や保守の実像を紹介するために、わざわざ北部の工業地帯、通称「Rust Belt=ラストベルト(さびついた工業地帯の意)」や、南部から中西部に集中するキリスト教保守派の多くが暮らす、通称「バイブル(聖書)ベルト」を取材する様子が多く見られたが、シアトル近郊という典型的なリベラルな都市部に暮らしている私から言わせると、「そんな遠くに取材にいかなくても、保守派ならすぐ横の郡にいるのに」と思ったものだ。

リベラルの代名詞ともいえるニューヨーク州でさえ、全62郡のうち、46郡は共和党支持であった。「保守は田舎の州にいる」というものの見方には、上から目線の偏った傾向が見え隠れする。なかには「白人至上主義」「銃を持った危ない人たち」など、保守派の極端な部分を一般化して「保守層」を一括りにする危ういとらえ方すらある。そのような視点で米国を見たのでは、決してこの国の実像を正しく知ることなどできないだろう。米国の半分を占める保守派は、とても歪んだ誤解を受けているのではないだろうか。

■軽やかに、悪気なく「差別発言」

もちろん、過激な保守派の考えに面を食らうこともある。冒頭に紹介した義母は、その典型的な例になるだろう。日曜日にはせっせと教会に通い、フィギュアスケートでアジア人選手が活躍する様子をテレビで観戦しながら、「フィギュアスケートはもともと白人のスポーツなのに」と、アジア人の私にあっけらかんと話してしまう、義理の母。

時折放たれる「差別発言」ともいえる言動には悪気がまったくないうえに、無意識なので私自身は何か言われて怒るよりも、失笑(ときに爆笑)するだけだが、周囲はかなりヒヤヒヤしているらしい。彼女の言動にはときに息子である主人も頭を抱えてしまうようだが、実際のところ私と義母の仲は、まったく悪くない。

もっとも彼女の場合は、保守派の中でもかなり特殊な例だとは思う。それは、彼女がサンフランシスコを含むベイエリアと呼ばれる地域で、25年以上勤めあげた肝いりの「女刑事」であるためだ。スペイン語とドイツ語を話すことから、主に移民犯罪に対処していたため、彼女にとっては「銃がない生活などありえない」。こうしたバックグラウンドからか、彼女が米国に移民してきた私に、お祝いとしてくれたのが銃だった。

当然「勘弁してくれ」と思った。相当困惑した顔をしていたのか、私の拒否反応は彼女にはすぐにバレてしまった。すると彼女は言った。「人を殺すのは銃ではなく人間。銃はあくまで護身用なのだから子どもを守るためにも、人が大勢いるところに行くときには持ちなさい。銃問題とかいうけれど、アイスランドをごらんなさいよ。暴力犯罪がほとんどない平和な国よ。それは国民の30%以上が銃を持っているからでしょう」。

ここでは銃が良いか悪いかの議論はあえてしないが、今でも銃のプレゼントには、困惑しかないし、持ちたいとも思わない。しかし、保守を中心に、銃保持は大切な権利であるという主張があるのは事実である。保守にかぎらず米国の一部には、白人至上主義があることも、また事実だ。

しかし、義母のような極端な例をみて、それらを「保守の特徴」ととらえることは、間違いだ。周囲には保守派の友人もたくさんいるが、彼らのほとんどは銃には反対しているし、リベラル同様にマイノリティへの差別には反対だ。不用意で差別につながるような言動をする人など、ほとんど見かけない。

■リベラルと保守の違いとは?

人工中絶の問題、税金への考え方、不法移民保護の問題、同性愛への寛容性など、保守とリベラルには根本的にまったく違うことがたくさんあるが、いずれの違いに対しても、決めつけや極論で結論づけようとするのは危険だ。保守の中にはリベラル的価値観も大切にする人はいるし、リベラルであっても保守的価値観を大事にする人も大勢いるのである。

では、そもそもリベラルと保守の基本的な違いとはいったい何なのだろう。リベラルと保守では大事にしたい「自由」の概念がだいぶ異なる。たとえば、リベラルというのは「多様性は尊重する」ことが基本だ。リベラルな価値観をもつ人にとって、国境を越えた団結や、性差を超えての平等を得る自由は、とても尊いものといえる。

同時に米国におけるリベラル主義には、「自由放任にすることで、人々が不利益を被ったり、不自由になったりするのは本末転倒」という考えがある。だからそれを補う対策として、公権力の一定の介入を認めるという流れがあるため、社会福祉の充実や環境保護などにも熱心になる傾向が強くなる。オバマ前大統領が、社会的弱者への支援を重要視したのも、彼がリベラルそのものの価値観を大切にしたためだ。

一方、保守は政府の過度な介入や、社会全体に大きな影響を与えかねないグローバル企業などが、自分たちの伝統的価値観や、生活をコントロールすることを望まない。彼らが望むのは自分の住む州や地区の自治の自由である。

だから、オバマ政権が推し進めた増税による富の分配、弱者にやさしい政策も「介入」でしかなく、反対なのだ。(ちなみに日本の保守とは逆の考え方なので混乱する人も多いようだが、国としてひとつでまとまるよりは、地域や個々の自由を重んじるという点において、日本のそれとは根本的に違う特徴がある)。

こう説明すると、保守派はあたかも「社会的に弱い立場の人たちには寛容ではない」という印象をもつかもしれないが、それも事実とは異なる点が多い。なぜなら保守派の多くは、キリスト教徒であることが多く、「隣人を助ける」という精神が基本的にあるためだ。

■「人助け」に政策はいらない

南部のサウスカロライナ州ミシシッピ州などで暮らしていた頃特に感じたが、教会が中心となって行われる慈善活動は、都市部の比ではないほど活発だった。私も時折ボランティアに出かけたが、保守の人たちの多くは寛大で温かく、白人至上主義で人種差別主義というようなことも特になかった。ハイチで地震があったときには、多くの教会が率先して寄付活動を行ったし、麻薬カルテルで両親を失ったメキシコの子どもに、米国で里親を探すボランティアをしている人にも出会ったこともある。

保守派にとっての「人助け」は、政府が政策として行うことではなく、地域が集まり、大人も子どもも一緒になって世の中を考えることから始まる。一律に増税して政府がそれを管理するよりも、諸経費を考えたら、自分たち個人が自由に人助けしたほうが効率もよいというのが、彼らの主張にはある。

また、慈善活動を行う流れの中で、地域の子どもが世の中の不公平に気づき、自分たちの意思で困った人に手を差し伸べる心を育む方法で寄付はするほうが、社会のためにも次世代教育のためにもずっと良いという考えが根本にあるようだ。

リベラルと保守――。そこには今、相容れない溝が確かに存在する。しかし、米国が真に多様性を重んじ、自由で平等な国を目指そうとするなら、今必要なことは、「相対する価値観への寛容性」なのではないだろうか。

http://toyokeizai.net/articles/-/160211 より

*************************************************************************

ニューヨークのタイムズスクエアでは、共産主義によってこの100年で1億人が殺されたことに抗議する巨大な看板の前で、中国のチベット占領に対する抗議活動が行われた。

フェイクニュースと批判されたニューヨークタイムズをはじめとするマスコミは報道しないだろうなあ。

江崎 道朗さんがVictims of Communism Memorial Foundationさんの写真をシェアしました。

■「オバマ氏が盗聴」証拠どこに… トランプ氏側近も混乱

(朝日新聞デジタル - 03月14日 20:04)