『何もしなくても人がついてくるリーダーの習慣』

谷本有香・著 SBクリエイティブ

「自然体が最高の武器になる」

欲には「大欲」と「小欲」の2種類があります。いい車に乗りたい、

理想の暮らしがしたい、1億円プレイヤーになりたい、モテたい、

有名になりたい……。トップリーダーたちも、最初はこういった欲か

らスタートしたかもしれません。自分の欲を満たして幸せになるこ

と=「小欲」です。そして、この小欲を早い段階で昇華させ、今度

は人々の欲を満たして幸せにすること=「大欲」に目を向けるよう

になったのです

マクドナルドのコーヒーは美味しいよね」と言えてしまうスター

バックスのハワード・シュルツ

肩書でつきあっているうちは相手に本当に心を開くことができない

自分にも他人にも嘘をつかないこと、そして多くの人の賛同を得る

ことが、大きく成功する人の条件

重要なのは自分自身が天才であることよりも、周囲の人の天才性を

引き出すこと

静かに張りつめた会場に登場したブッシュさんは、明るく「こんに

ちは、ブッシュです! アメリカのテキサスから来た田舎者です」

と自己紹介し、場の緊張感を解いた

自分のダメな部分・弱い部分をオープンにすることも、チャーミン

グ力につながります

人に任せたほうがもっと大きなことができると思いつつ、やはり任

せるのが難しいという人は、おそらく相手のことを信用していない

か、自分自身を信用していないか

「成功の秘訣は自分より優秀な人を雇うのを怖がらないこと」

ハワード・シュルツ

すごい人ほど教えることをしません。まず、話を聞きます。アドバ

イスを求められたら、そのときに話します

「大げさなデタラメのように聞こえることを、現実にするのが起業

家であり、経営者じゃないか。小さなホラはダメだ、大ボラがいい

んだ」(永守重信

腹がくくれるリーダーは、「人生のボトムライン」を知っています。

人生のボトムラインとは、これまでの人生の中で最悪のときーー幼

少の頃のいじめや貧困、病気、大事な人の死、ひどい裏切り、嫌が

らせ、会社の倒産などなど絶望の淵に立ち、そこに向き合った経験

のことです

敬語は崩さずに雰囲気を崩す