読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

京都府庁旧本館 観桜祭

写真はいずれも京都府のサイトhttp://www.pref.kyoto.jp/sisan/news/kanousai201703.html

より拝借したもの。

京都市上京区下立売通新町西入薮ノ内町にある京都府庁旧本館(きょうとふちょうきゅうほんかん)では、4月2日(日)までの毎日10:00〜17:00に、「観桜祭(かんおうさい)」が開催されています。

「園しだれ桜」や「容保桜(かたもりざくら)」などの桜が咲き誇る旧本館中庭の公開とともに、展示やステージも行われ、4月1日(土)には東北応援商品の販売、2日(日)には福島物産展が予定されています。

(以下コピペ)

京都府庁旧本館の桜について

国の重要文化財である旧本館の建物に四方を囲われた中庭で咲き誇る6本の桜。

その中央にひときわ艶やかな姿を映すのが円山公園の初代「祇園しだれ桜」の孫にあたる実生木の枝垂れ桜。

風雪を経た不均一な厚みの窓ガラス越しに薄紅色の花びらが揺らぎます。

中庭南西に佇んでいるのは「容保桜(かたもりざくら)」。

この地がかつての京都守護職上屋敷跡であることにちなみ、松平容保公の名をとって桜守として知られる16代佐野藤右衛門氏により命名いただいた大島桜と山桜の特徴を併せ持つ珍しい品種です。

ここでしかあじわえない京都府庁旧本館の桜を見に是非お越しください。

(コピペ終わり)

京都府庁旧本館「観桜祭(かんおうさい)」

 開催期間

  2017年3月25日(土)〜4月2日(日)

  10:00〜17:00

 会場

  京都府庁旧本館

 入場無料

詳しくは↑のリンク先へ。

京都府庁旧本館は、四角い京都府庁の敷地の真ん中にあります。

地下鉄「丸太町(まるたまち)」駅2番出口〜烏丸通を北へ、下立売通を西へ、徒歩約10分。

市バス10・93・202・204「府庁前(ふちょうまえ)」停留所〜釜座通を北へ徒歩約6分。

市バス9・12・50・67「堀川下立売(ほりかわしもだちうり)停留所(急行通過)〜下立売通を東へ徒歩約7分。

自家用車の方はパーク&ライドhttp://www2.city.kyoto.lg.jp/tokei/trafficpolicy/kankochi/index.html

パーク&ライドとは、自家用車は混雑する市街地には乗入れず、高速道路出口付近など離れたところに駐車して公共交通に乗り換えることです。

京都府ホーム 京都の魅力・観光 京都府庁旧本館「観桜祭」の開催についてhttp://www.pref.kyoto.jp/sisan/news/kanousai201703.html