読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アレルギーの治療

 私は鎮痛剤ロキソニン代替薬を前立腺炎治療のため、1ヶ月という長期に亘り服用し、その結果、その副作用で腸を融解させ、未消化な食べ物の高分子が血中に入ることによるアレルギーを発症してしまったと考えている。

 前立腺炎の医師が鎮痛剤の副作用のことを熟知していれば、こういうことにはならなかったと思う。ただ、もう過ぎたことなので、今は食物アレルギーによる蕁麻疹をいかにして治療するかである。

1)腸の修復

 グルタシールドという腸修復に適した栄養素を供給するサプリの飲用。これはよくできていて、これを飲用しても蕁麻疹は発症せず、腸の修復を手助けしてくれる。1つ7000円。

2)1日3食を2食に変更

 食間を8時間以上とするため、昼食を止める。何も食べない時間が腸の修復時間となるので、なるだけ長くするために昼食を抜く。

3)植物酵素ドリンクの飲用

 アレルギーの原因となる未消化な食べ物の高分子を分解し、アレルゲンとならないようにするもの。1本5000円

4)ケルセチンの服用

 アレルギーを生じるレベルを上げるもので、6ヶ月ほどの継続服用でアレルギーを生じにくい体質になる。1袋(3ヶ月分)800円。

 この内、1)は3/31ごろから再開。 2)は今日から開始。 3)は3/30ごろから開始。 4)は3/27から再開。

 1)を1ヶ月してみてかなり回復したのだが、その後、調子にのってビールなどを飲んでしまい、また、悪くしてしまった。今度は2ヶ月やってみる。