読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

何でも無償は、国を亡ぼす

国に智慧の無い場合は、国が衰退するのがよくわかる。

何でも無償に、、

とすると国民の受けはいい。

選挙でも勝てるかもしれない。

だが、何でも無償にすると国力は落ちる。

国民は、その能力に応じて、等しく教育を受ける権利は有するが、、

無償にするとその能力に応じなくても、つまり、その能力がないのに教育を受けることになる。

本当に学ぶ意欲もあり学力優秀で、お金がないなら、、

そんな学生に対して援助してあげればいい。

それを反対するものではない。

 だが、何をしているのかわからないような、遊んで暮らす大学生にどうして学費を国が払う必要があるのか。

 財源確保もままならないのに、、

 

 学ぶ意欲がなければ、社会に出て働けばいいのだ。

 働きもせずに、ただ遊んでいる学生を育てると、その分、国は労働力を確保できないことになる。

 国の中枢に智慧がないと国力は落ちる。

 本当に、智慧のある人材、政党を応援したいものだ。

自民小委「こども保険」を提言