【ラエルサイエンス】電子タバコは恐ろしい不治の病‘ポップコーン肺’の原因になる事が判明

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ラエリアン・ムーブメント

未来を恐れない人々へ : http://www.rael.org

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

電子タバコは恐ろしい不治の病‘ポップコーン肺’の原因になる事が判明

ハーバード大学が8日公表した新たな調査で、風味を加えた電子たばこの安全性をめぐって疑問が生じている。こうした風味の多くが「ポップコーン肺」として一般的に知られる呼吸器系疾患に関連する化学物質を含んでいることが分かった。

ハーバードT・H・チャン公衆衛生大学院の研究者は「主要な電子たばこブランド」が販売している電子たばこの51種類の風味について検査した。その結果、51種類の風味のうちの39種類で、ジアセチル(通常、バターやキャラメル、イチゴ、バタースコッチキャンディーといった風味付けに使用される化学物質)が含まれていることが分かった。ジアセチルは閉塞性細気管支炎など、重い呼吸器疾患に関連するとみなされている。

米労働安全衛生局(OSHA)は、閉塞性細気管支炎について、細い気道が炎症を起こして傷が付き、その結果、気道の壁が厚くなって気道が狭くなるときに生じると説明している。

米環境健康科学研究所(NIEHS)が公表したこの調査の研究者たちは、最大手のたばこ企業数社が販売する電子たばこと、子供や10代をはじめとする若者たちに人気があると思われる風味について主に調査した。

ほとんど規制のない電子たばこ業界はここ数年、争点となっている。一部の健康関連機関は、喫煙を始める人や未成年の喫煙者にとって電子たばこが喫煙のきっかけになるとし、風味付き電子たばこは特に若い世代の喫煙者をひきつける可能性があると指摘している。米国医師会雑誌(JAMA)で8月に公表された研究で、電子たばこを使用する中学3年生は、電子たばこを試したことのない同級生よりもたばこや葉巻、水たばこを吸う可能性が高いことが分かった。

ジアセチルを吸い込むことに関連する「ポップコーン肺」は、電子レンジ用ポップコーンの製造業者の従業員が発症した肺病に関する2000年初期の報告を受けて、その名前が付いた。

ハーバード大の研究者たちは、電子たばこで液体を電気で熱し蒸発させて風味付きの化学物質を吸いこむことで、喫煙者は電子レンジ用ポップコーンのメーカーの労働者と同じ状況にさらされると指摘した。

ハーバード大の研究で、2,3ペンタンジオンとアセトインという他の2種類の化学物質も検出された。検査した51種類の風味のうち、それぞれ23種類と46種類の風味で見つかった。今回、検査した電子たばこの約92%でこれら3種類の化学物質のいずれかが検出された。

http://jp.wsj.com/articles/SB12063707009372514535404581407023361222228

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

弥勒菩薩・ラエルからの注意:

知性を最大限に活用しない人々に告げますが、一部の記事にある『selectedby RAEL』という標題は、その内容に同意したり支持していることを意味するものではありません。『selected by RAEL』は、人々が考えたり行っていることについて、この惑星の人々が知るべき重要なものであると思うもの、ということであり、たとえ彼らが考えたり行動していることが、まったく愚かで私たちの哲学に反する場合であっても、ということです。アメリカでの雨乞いという愚かなキリスト教原理主義についての記事を私が過去に選出した際、天気を変えるために祈ることを私が支持している、と考えるほど愚かなラエルサイエンスの読者が一人もいないことは、私も承知しています。ですから、薬物や反セム主義、反ユダヤ主義、人種差別主義、修正主義、あるいは宗教団体に対する憎悪感の扇動、などを支持する記事や、その他一切の愚かな記事を私が選出する際は、私がそれらを支持しているということを意味するものではありません。それは単に、すべての人間が知っておくべき重要なもの、ということを意味しているだけです。常識、これは通常は私たちの読者の間でとてもうまく働いてい

るものですが、それを使えば理解するには十分です。薬物の非犯罪化に関する最近の記事のように、さらにはっきりとさせる必要がある際にはコメントを加えますが、今回の場合はとても明確なものでした。つまり、私はすべての薬物の非犯罪化を支持します、というのも、意気消沈して悲しみに暮れる人々(意気消沈して悲しみに暮れる人々だけが薬物を使用するのですから)を刑務所に送り込み、犯罪歴を残して彼らの人生を破滅させるのは愚かな事だから、ということです。それは、医療目的を除いていかなる薬物も使用してはならない、とはっきり述べている“メッセージ”に修正を加えることを意味するものではありません。同様の事は、絶対的なものでなければならない表現の自由についてもあてはまります。改めて言いますが、反ユダヤ主義、反セム主義、人種差別主義、あるいは一切の反ラエリアン主義に私が同意する、ということを意味しているのではもちろんありません。しかし、価値観に異を唱える人々や敵を知っておく事で、彼らと闘うためのより良い準備を整えておく事ができます。もちろん、愛と尊重、そしてフランスの哲学者であるボルテールの素晴らしい文を心に秘めなが\xA4

蕕任后▷愡笋呂△覆燭慮世Δ海箸砲脇碓佞靴泙擦鵑❶△△覆燭❹修譴鮓世Ω⇒琛蓮∋爐未泙納蕕襪弔發蠅任后\xD9

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

『倫理』とは、神を信じる保守主義者や伝統的宗教が、科学と新しい技術に対する大衆の恐れを上手く煽ることによって、人類を無知と蒙昧の中に囲い込もうとする最後のあがきにすぎません。

私たちの祖先が歴史と呼ぶものには輝かしいところは何もなく、それは過ちと非寛容と暴力の寄せ集めでしかありません。

その反対に、拘束に囚われない新しい技術と科学を信奉しましょう。それらは、架空に過ぎない神話・昔からある恐れ・病気・死・そして労働の汗から人類を解放するのです。

弥勒菩薩ラエル

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

ラエルサイエンスに興味がある方は、

このメーリングニュースへの加入をお勧めします。

加入にあたりましては、件名を「ラエルサイエンス配信希望」とし、

nobby_k@jd6.so-net.ne.jp までメール頂ければ結構です。(無料)

また、メーリングを介さず以下のウェブサイト上でも同様の情報を閲覧いただけます。

Googleグループ  日本語版ラエルサイエンス』

http://groups.google.co.jp/group/rael-science-japan?hl=ja

日記を読んでいただきありがとうございます。