4月1日

ソ連の軍政当局が西ベルリンに入る人や貨物の検問を開始:1948年のこの日。ベルリン封鎖(Berlin Blockade)は、第二次世界大戦終結後の1948年6月、ソビエト連邦政府が西ベルリンに向かう全ての鉄道と道路を封鎖した事件である。冷戦初期を象徴する出来事である。1948年になると、分割占領された首都の全体をどこが支配するのかを巡って対立が起こった。さらにソ連はドイツとの戦争で甚大な被害が出ていたため取れるものは全てとるという方針をとったことから、早期復興を目指す西側3か国と対立した(当初はフランスもドイツに早期の賠償を課す方針だったが、ソ連への対抗上米英と同調せざるを得なくなった)。そのような対立の中、ソ連は西ベルリンへの交通制限を西側へ通達した。4月1日に、ソ連軍政当局は西ベルリンへ向かう人員や貨物について検問を強行し、西ベルリンへの物資搬入にも制限がかけられた。さらに、5月にソ連が6月24日に東側領域において通貨改革を実施することを宣言すると、すかさず西側も6月20日より西側領域でも通貨改革を実施すると公表した。この結果、マーシャ\xA5

襯廛薀鵑吠歉磴気譴訐沼δ眠漾淵泪襯\xAFB、ドイツマルク)が力を持つようになり、東側の通貨改革は失敗することとなった。(出典:今日は何の日、Wikipedia)画像は、西ベルリンのテンペルホーフ空港に物資を空輸してきた輸送機を見上げるベルリン市民。

広告を非表示にする