読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アルミテープと燃費【その11】+磁石

寒暖の差が激しい今日この頃、オンボロジムニー(JA11-5型5MT)の燃費はどうなったでしょう。

走行距離…308.8km

給油量…24.75リットル

燃費…≒12.47km/リットル

前回書いた通り、このスティントでは各部の磁石を外しての計測です。

わずかに悪くなったと言えば悪くなったと思える数値ですかね。

フィーリングはわずかながらも確実に落ちてました。

う〜ん、大した差は無いものの、磁石の効果有りと判定して良さそうです。

ほんと、人間の体というのはフィーリングの悪化方向には敏感に反応します。

走りながら「あれ?あれ?」こんなはずじゃないのに〜とか思いながら過ごしましたわ。

ハンドルの取り付けネジに磁石を付けるテストでは、確かに変化します。

6本全部に付けると強烈に重くなったり軽くなったりしてしまうので、2〜3個で充分調整が効く感じですよ。

でもまぁイマドキハンドルはエアバッグですから、やれる車は限られるでしょうけどね(苦笑)

しかし主題はアルミテープなのでそちらを…。

前々回(?)にリアの跳ねが気になるという辺りから、元々付いていたがしばらく外していたアルミ製タンクガードを塗装して再び装着し、それにアルミテープを貼ってみたりしてます。

ボンネット先端中央にも追加で貼ったり…

その前にルーフ先端にもベタベタ貼ってます。

流石にコレはボロ車だから出来る芸当でしょう(笑)

これがもうね、この所風の強い日があって、向かい風になると唐突にハンドルが重くなるくらい効いてます。

で、どうにもリアの跳ねが気になるので、リアショック下端に5mm×50mmの黒アルミテープを追加したらフロントとのバランスが取れました。

リアショック下端は複筒へ移動または複筒から戻るオイルの流れに影響するだろうと意識したものですが、どうやら間違いではなさそうです。

さあてベタベタ貼りまくったアルミテープですが、いつ収束するんでしょうかね?

つか現状でノーマルの板バネジムニーに乗り慣れた人にブラインドで乗ってもらって感想を聞きたい気もしますねぇ。

良いか悪いかは別として、すんごい違和感は感じると思うんだけどなぁ〜