読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宮脇俊郎&ケリーサイモン トーク&ライブ!

先日、ギターの教則本界のカリスマ、宮脇俊郎さんと、超絶ギタリスト、ケリーサイモンさんのトーク&ライブセミナーに行って来ました!

場所が秋田だったのだけれど、この組み合わせをしかも東北でとなると滅多にない機会と思いお店に予約!

そしてその後に行われる宮脇さんの個人レッスンも予約!

この日は朝から朝食の準備とギターの弦の張替え。ギターは2本分交換!

結構バタバタ。

2本張り替えたのでそのギター2本を車に積んで秋田へ!

お店に行くと「宮城から来られた方ですか?」と声をかけられた。

宮脇さんも店内にいたので「今日はよろしくお願いします!」と挨拶!

待合場所に行くと既に何人かいた。

待っている人に話しかけたら、やはり滅多にない機会ということでワクワクしているようだった。

今回は合同のセミナーで、ブルースに関するそれぞれの考えのお話と演奏が中心だった。

ケリーさんはアルバムを出したばかりなのでそこから、超絶インストナンバーを披露。

途中、宮脇さんがピアノ演奏をし、ケリーさんがゲイリー・ムーアの曲を演奏という珍しい事もやった。

そして質問コーナー

私は自分のギターの音が汚ない(機材的なことではなく弾き方の面で)事の悩みと、実際にご自身が上達過程でこれを克服した瞬間について質問した。

宮脇さん「お馴染みの方ですね!」と言うと・・・

ケリーさん「僕の方でもお馴染みなんですけどね!」

すっかりお二人に顔を覚えていただいてしまった!

ケリーさん「でも以前よりだいぶ上達しましたよ!プラベートレッスンに来てくれたんですけど後で控えてた人がちょっと嫉妬していたという」

ケリーさんにはそう言ってもらったけど、なんというか、中々この歳で上達しないわけで・・・まあ最初に見てもらった時が相当ピッキングが力んでヒドイ状態だったからそれに比べたらってことかな。

宮脇さん「この質問は俺の出番!?」

「テレビを観ながらアンプ通さないで弾くと音が聞こえるようにパッチンと強く弾いてしまうですよね。この弾き方でアンプを通すとたどたどしくなって、これをエフェクターでなんとかするのではなく弾き方をパッチンとならないように弾くんですよね」

ケリーさんの方もワザとたどたどしく弾いて徐々にスムーズに変化させて見せてくれた。

やはり上手い人は指が速く動くだけでなく、音の出し方に細心の注意をはらっているわけなんだよな〜

そんな訳で90分程のセミナーが終了!

その後皆さんは宮脇さん、ケリーさんとお話させてもらう時間があった。

そして宮脇さんの教則本とケリーさんのDVDを購入しサイン会!

ケリーさんは静岡にいた頃から何度もセミナーに参加させてもらい、「静岡から来ている人」と覚えていてもらっており、宮城に引っ越してからも山形、町田でセミナーに参加させてもらっているので、今、私がどこに住んでいるか混乱してるみたい(笑)

そして宮脇さんの個人レッスン。

先ほど音が汚ないという事に繋がるんだけど、ピッキングの引っ掛かりについての悩みを相談した。

まずはアンプをクリーンでセッテイング。

幾つかのフレーズを用意してもらいレッスン。

左手で押さえる際の指のフォームをチェックしてもらい、指と指の間をなるべく隙間を作るように開くように言われた。

指をパーで思いっきり開いた状態のまま指を折り曲げる。この状態で弦を押さえる。

すると見事音が変わった!

フワッとした滑らかな感じ。

これは感動!

ギターの音を決めるのは右手のピッキングと思っていたら左手でも音が変わる!

この辺がプロがプロであるところだな〜

まあ出来ている人は無意識に出来ているんだろうけどね。

その後滑らかなピッキングの練習にエコノミーピッキングとちょっとしたスウィープピッキングフレーズを提示してくれた。

(正直、エコノミーだ、スウィープだなんてやると思わなかったけど)

宮脇さんも「僕が速弾きを教えるなんてね!」と言っていた。

宮脇さんのセミナーは以前も参加させていただき、実際に弾き方を見ていただき、アドバイスをいただいたけど、なるほど!と感動するようなことがあり、今回も新たにそのような経験をさせてもらった。

色々な方にギターを教えてもらうと、それぞれ教え方も様々だけど、それぞれの方のプレイを見て自分との音の差に愕然としてしまう。

その分得るものもあるから、教室やセミナーに参加する。

ってことではあっという間ではあるけど濃い時間だった!

後から店員さんにどうでした?と聞かれ、先ほどの左手で作る音の話をした。

店員さん「以前宮脇さんのセミナーどこで受けられました?」と聞かれた。

この店員さんどこかで見たことあるよな気がしていた。

私「郡山です」

店員さん「やっぱり!僕郡山店にいたんですよ!」

そうか!どおりで見覚えのある店員さんだと思ったけど、まさか秋田に転勤していたとは!

その後、今回の予約を受付けてくれた店長さんとお話し、電池式のパワーサプライを購入。

店長さんは「遠いので気をつけてくださいね。帰るまでがセミナーですから!」と言って見送ってくれた。

関東の楽器屋さんと環境が異なり、買い物に来る人も選択肢しが少ないながらも音楽を楽しんでいるようだ。

御茶の水や、渋谷など比べると仙台も楽器屋さんの選択肢が少なく、セミナーもないけど、まあチョイと遠出し、東北でセミナーの機会を利用している。

結構そう言う意味では恵まれているかな?

宮脇さん、ケリーさん、そして店員さんにも覚えてもらっているし。

ってことで、行って、セミナー受けて、帰ってと弾丸小旅行の長い1日でした。