読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

これは音楽教室側に無理がある

なので、この訴訟は十中八九音楽教室側の敗訴で終わる。

音楽教室側は、著作権が消滅している曲で練習することだってできる。

著作権の及ぶ曲を使用しているのは、あくまでも音楽教室側が集客効果を求めての事。

これではJASRAC側の「人気曲を使い、魅力を生徒が味わっている以上、聞かせることが目的」の主張は覆せないだろう。

そして音楽教室は受講料を徴収、つまり明らかな営利目的。

なので上演権の除外事項たる

「学校その他の教育機関における複製等(35条2項)」

「営利を目的としない上演等(38条1項)」

は適用できない。

先生・生徒間のでの演奏は上演に当たらない、という主張もまた通らない。

既にカラオケボックスでの歌唱を「上演と見做す」判例が存在している。

そして所謂「カラオケ法理」に基づき、生徒による演奏は受講料により教室側が利益を得ている上に継続的に勧誘等を行っていることから「教室側も著作権の利用主体と認定」される。

そもそも、楽譜とかを販売して著作物にそれなりの権利がある事を知っているはずの音楽教室が、著作権のただ乗りを当然のモノと考え続けてきたことがおかしい。

警告に素直に従うなら兎も角、提訴するとは・・・

----------------------------------------------------------------------------------

ヤマハJASRACを提訴へ 教室演奏の著作権めぐり

(朝日新聞デジタル - 05月16日 00:52)