読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

躾の話

さて、最近は仕事を辞めて家にいる私ですが、保育士時代、保護者の方にこんな質問をされました。

「しつけって何歳くらいからしたほうがいいのですか?」

正直、質問の意味がわかりませんでした。

保育士以前に、私としては生まれた瞬間から躾は始まっていると思っていたからです。

そのときはとりあえず、いけないことや危ないことは、今の(0才のうち)からでも伝えてください。赤ちゃんはなにもわからないのではなく、分かっていこうとしている段階ですから、しっかりと伝えていってください、とアドバイスしました。

と、いうか、聞いてこなかったら何歳から躾をするつもりだったのでしょう?

例えばの話、2歳からだったとして、それまで何をしても許されてたのがある日突然注意されるようになるわけですよね?

子どもとしては、何で今まで良かったのに急にダメなのさ、と思います。

自分が同じことされたら納得行きます?私は納得できません。

だって昨日まで許されてたのに、今日から急に怒られるんですよ。

納得行かないから、言うことだって聞きません。当たり前です。

不信感すら感じかねません。それまでの積み重ねを覆すのは、かなりのエネルギーを使います。

しつけって日々の積み重ねです。赤ちゃんはなにもわからないんじゃないんです。わかるようにしてあげるのが親のつとめなんです。

しつけって何歳から?というのはナンセンスです。

生まれたその日からしつけてあげてください。

わからなかったら保育士や育児経験者(自分の母親や祖父母)に聞いてください。育児書よりよほどいいです。実体験ですし、大人になった例が身近にいます(笑)

…自分だったり、従兄弟だったり…

頑張りすぎず、でも、ぶれずにいけるといいな…

ま、わたしの考えなんですがね。人それぞれなので、違うよ!と思う人もいていいと思います。