他市の公民館

他市の公民館

  一階と2階の公民館内、講演を聞きに行った。

  福島県在住の方。

  福島県のことは、県民がいちばん知っている。

  二階ある公民館で、図書コーナーと閲覧区域が設けられている。

  座席にぎっしり人が、あふれている。

  5月半ば、勉強をしなければいけないという雰囲気が学校に

  あふれているのだろうか。

  書棚本を選んでいる人は、少なかった。

  いわゆる自学自習ということだろうか。

  この本なるものを読んでも、実態はわからないから

  この講演を聞く気持ちにかられた。

  作家が強い意志でもって語られ、印刷された本は

  少しずつ古くなってくる。

  事実が、少しずつ変わってくる。

  事実は、新聞に語られることが少ない。

  そのような文化が、定着し始めてきた。

  本は、手垢のついた古本ばかりなのだ。

  その中で興味ある本を選ぶしかない。

  興味の出てくる、体験がやってこない。

  新学年になった諸君は、

  担任の先生に、新しい刺激を受けたのだろうか。

  本に書かれたことでなく、

  テレビに魅せられた、驚きなんかでなく、

  あなたの、声を聞きに来ました。

  国民の、直の市民の声が伝わらない、

  以前になかった大変な国です。

  わたしはもうおさらば、します。

広告を非表示にする