考察「非日常」

最近の平日の過ごし方は、パターン化している。

帰宅後入浴、風呂上がりのビール、飲みながら料理、飲みながら食事、飲みながら音楽鑑賞または映像鑑賞である。

毎日パターン化しているので、日常的である。

だが、飲んでいるところから、気持ちは非日常である。

日常、つまり仕事に追われる精神状態から、解放された状態である。

アルコールは、我輩にはリラックスと気持ちの高揚、両方を与える。

音楽を聴く感動、映像を観る刺激も格別なものになる。

非日常そのものである。

そのまま寝て、夢と云う非日常を揺蕩う。

そして朝起きて、日常に引き戻されてがっかりする我輩であった。

広告を非表示にする