燦然のソウルスピナー/蕗字歩

 「なろう」発ダークファンタジー。「最果てのパラディン」といい脳筋聖騎士主人公ブーム?メインヒロインたる吸血姫よりその従者にして道化たる土蜘蛛のほうが主人公のメンターとして良いキャラしてて目立ってる、とかプロットも文章も練りきれてないとか、後半あんなハードな展開になるなら全体の文章自体もっとマジメ寄りでもとか色々言いたいことはあるけれど、全部覆すくらい世界観とバトル描写に魅力がある。いまどきファンタジーを張る以上、その世界の根底にあるものはなにか、をちゃんとシリーズ1巻目で披露して、それとがっつり対峙してくれなければならないと思うし、だかれこそ本書は実にすばらしいのだ。あと、必殺技は叫びはしなけどちゃんと漢字にルビ振りなセンスも大好きです。