義理の弟が漫画家だった!

彼は専門学校を卒業直後に、出版社(秋田書店)に持ち込みして…

その場で掲載が一発採用!

その後、チョイチョイ読み切りみたいなのを描いて

トントン拍子に連載へ!

んで!

少年チャンピオンに連載してた時の話なんだけれど

彼、体調に異変を感じ

熱を測ったら40℃近かった!

急いで救急車を(自分で)呼んで、そのまま即入院

すぐさま編集が跳んできて!

「先生!大丈夫、ですか?」

続いて

「つきましては 次回分のネームを…」

だって!

そのまま

朝までネームきって渡したそうな

いやぁ〜

プロの世界って厳しいなぁ〜

なんて思いましたヨ!

■【週刊少年ジャンプうすた京介が語る作家間の“格差”とは?

(TOKYO FM + - 06月05日 20:10)