名古屋と千葉と中国と。。。 @井の中の蛙大海を知らず

中国在住の友達さんがお汁粉のフォトをUP。

むむむ コレは『しんこ餅(新粉餅・性学もち)』ぢゃないかい

って事で新粉餅をググってみて、全国的な食べ物だと思っていた新粉餅が郷土食だと知る。

京都南座ちかくの和菓子屋さんにも『おしんこう』という品名で同じ餅が売られているので、

『しんこ餅』は全国区な名称だと思ってたんだよねぇ。 ふ〜ん。

しんこ餅@千葉ローカルは、うるち米を蒸して搗き円柱状またはカマボコ型に成型した棒もちで、

もち米で作った餅のように焼いても膨らまず、茹でても溶けず、時間がたっても固くなりにくい。

韓国の餅:トックの野太いバージョンだと思って貰えば分かりやすい。

この新粉餅を中国では『年』と言うらしい。

さすが中国?で、年も色々な種類があるらしいけど、上海の年は新粉餅らしい。 へぇ〜。http://www.gnavi.co.jp/shanghai/jp/topics/111226.html

んで、中国版COOKPAD『美食天下』で年をググると何故だかトッポキ祭り状態だ

何となく読める漢字『炒年』で画像検索すると概ねトッポキwww

面白くなって『辣 年』でも検索したらトッポキしか出てこないぃ〜〜〜 ちょっと賢くなったかも。

https://www.google.co.jp/search?q=%E7%82%92%E5%B9%B4%E7%B3%95&source=lnms&tbm=isch&sa=X&ved=0ahUKEwjvubuttMnUAhUGf7wKHa-AC-EQ_AUIBigB&biw=995&bih=455#tbm=isch&q=%E8%BE%A3%E7%82%92%E5%B9%B4%E7%B3%95&spf=1497858142515

いい加減、日本に、千葉に、帰ろう。。。

『性学もち(しんこ餅)』を千葉にもたらしたのはJA農協の祖:大原幽学。

話は前後するけど・・・

しんこ餅のローカル・メジャーな調理法は、麺棒くらいの餅を1?くらいにスライスして茹で、

ゆで汁を少し残して砂糖と醤油を投入して水溶き片栗粉でまとめた『みたらし団子』と

蒸かした新粉餅に砂糖を加えて搗きなおした【すあま(寿甘)】が2頭@昭和時代。

ここまで来たらと“すあま”をググったら・・・

“すあま”が東日本の和菓子だとしる。。。

またもや全国区ぢゃないのかい

今年の冬にTwitterで話題になったらしく、関東の『すあま』と名古屋の『ういろう』が比較されてた。

( ,,`・ω・´)ンンン? 

しんこ餅(性学もち)の大原幽学先生は尾張:名古屋出身と伝えられている。

つまり、しんこ餅の起源は名古屋の外郎を作りやくすしたもの 繋がったのかな。

餅一つで長旅しちまったw