結果を出すには

こんにちは、増田塾広島校です。

ついに第3回の実力判定テストまで一週間を切りましたね。

今回の実力判定テストは日曜日の実施で、卒生も現役生も合同で行います。

なので、さながら模試のような気持ちで受けていくことになるでしょう。

こういった緊張感ある場で実力を出すというのは、なかなか難しいことです。

もちろんテスト範囲はこれまで全てとなりますから、前回のテストよりも復習すべき内容は多くなります。

テスト範囲が次と増えていく中で、時間が足りない、復習が間に合わないという声があちこちから聞こえてきます。

それは間違いのないことで、毎週学ぶ新しい範囲の学習に追われながら総復習を両立させるというのは大変なことです。

ですが、それはみんな一緒です。

つまり、全員に等しいこの条件を理由に結果が出なかったと言ってしまうことは許されません。

範囲が広くて学習が大変になるのは分かりきっていること。それを把握したうえで、自身をどこまで高められるかという視点で頑張れた生徒こそが、実力判定テストでも良い結果を手にするのです。

ですからテストまでの残り一週間、膨大な勉強量を前に思考を停止してしまっている生徒や諦めが勝ってしまっている生徒については、全員が同じ条件であると理解したうえで、どこまでも必死にやりましょう。

この粘りは夏期以降も確実に必要になりますから、今のうちからつけておくべきです。

精神的な強さは受験生に必須、鍛えながら第3回実力判定テストに臨みましょう。