グダクダ東京旅(2日目)

↑breadworksのイラストがなんかおもしろかったので撮ってみました

WE WANT PAN!!

ジャコメッティ展@国立新美術館

実は秋に巡回先の豊田市美術館で見ようと考えてました。

よほど見たい展覧会がないと、豊田へはなかなか行けないと思っていたので。

でも秋の行程がうまく組めないのと、今回グダクダで予定崩れまくったので、

急に「よし、新美で行こ!」で突っ込みました(笑)

ジャコメッティのひょろーんとした像は元々わりと好きなのですが、

ひょろーんだけではない!ということと、ひょろーんへ至る道のりが、

よく分かった展覧会でした幅広く展観できたのが良かったです。

小振りのひょろーんを見ながら、これはジャコメッティだと言われなければ、

人型と思わないかもしれないなぁ・・・なんて考えていました。

ただのひょろーんとした棒にしか見えないのでは・・・?って

なお、ジャコメッティには珍しい動物、犬も猫もひょろーんでした。。。

初期の彫刻作品や、平面作品、油彩も並んでいます。

私は特に紙に黒一色で描かれたものが好きでした

手の動きはサラサラと速そう。でも線がたくさん重なってて、迷いも見える。

ジャコメッティぽいというか、ぽくないというか。

第14室を手前の部屋から覗くことができる構成、新美だけ?巡回先でもやるかな?

これはとても好きな見せ方でした!

ドラ●もんの「ビッグライト〜」という声が聞こえそうな・・・?

詳細は書かないでおきますね。現地で楽しんで下さい♪

(第14室自体は撮影が可能なので、既にあちこちで様子がUPされてますね。)

ジャコメッティはそれほど・・・という人にも、おもしろいと思います

知ることで好きになれる(ほどじゃなくても、興味持てる)かもしれません。

さて、地下のカフェテリア・カレで、フリカッセをいただきました

ごっ、ごっ、ごはんが新美の形してるやんかーーー!(昔は違った。)

ちょっと左側崩れちゃってましたが

●ダン・フレイヴィン@エスパス ルイ・ヴィトン東京●

ダン・フレイヴィン。知らなかったけど・・・。

スタッフさんの言によると、各国の現代美術館が所蔵してる作家・・・とのこと。

蛍光灯が並んでる作品写真が気になって、見に行ってみました

白い大きな部屋が、めっちゃ明るい!!

美術館では暗い中で展示されることが多いらしい。なんせ蛍光灯の作品だから。

作品自体は「んー?」っていう感じでしたが、空間はおもしろかったです

そして、夜の様子も見てみたい!と思いましたなんせ蛍光灯の作品だから(笑)

ガラスにも反射して、全然違った表情になるそうです。

でもこちら20時クローズなんですよ

日も長いし、真っ暗で見られる機会は少ないかも。私はもう行けない

もし暗くなってから行かれる方がいらっしゃったら、様子お聞かせ下さいな♪

●世界が絶賛した浮世絵師 北斎展@パルコミュージアム●

初めて行きましたー!

友達さんの日記でやや辛口紹介されてるのを拝見して

池袋だったらその足でJR乗って帰れるなと。

富嶽三十六景』ってしょっちゅう目にしてるつもりでいたけど、

あまり覚えてなかったな「ここ見たことあるっけ?」が多かったです。

そもそも富嶽三十六景の主線って全部青だったっけ?とか。

それと、北斎も『東海道五十三次』描いてたっけ?とか。ピンとこない

最近北斎は版画よりも肉筆画を見る機会が多かったように思いますが、

どちらにせよやっぱり絵が上手なんだよなぁー!(←何様・笑)

さて北斎についてつらつら書きましたが、実はこちらを見に行った最大の動機は、

アンリ・リヴィエール『エッフェル塔三十六景』全点展示です!

以前佐川美術館で見て、なぜ図録を買ってこなかったのかと未だ後悔してます。

パリや塔には縁もゆかりもございませんが、これ好きなんですよ

いろんな場所から、いろんな角度で、エッフェル塔をとらえています。

中には建設中の塔や、どこにあるねん?!という隠れエッフェルみたいなのや、

塔の中(?)からの風景もあります。セピア調の色合いも良い感じです。

視点や構図から、浮世絵の影響を多分に受けているのがよく分かります。

リヴィエール、ご存じなければ是非ご覧になってみて下さい

(↑いやこれ北斎展だから!笑)

ちょっとザワザワしたパルコの7階です。

お気付きの方もいらっしゃると思いますが、この日は月曜日でした

意外とあちこち行けるものですね♪

グダクダしちゃって予定が全然予定どおりいかなかったので、

行程からカットした展覧会がいくつかあります

悔しいので、近々(?!)日帰りするかもです