【みんぱく】ジャワ島のガムランのリズム

国立民族学博物館のウィークエンドサロンに行ってきました。

ガムランというのはインドネシアの、伝統的な打楽器中心のオーケストラです。

ランチャラン・レノレノというガムランの曲(金比羅船船っぽい)を主題に、聴講者こぞって手拍子で各リズムを再現するという面白い実験がありました。

日本や西洋の楽曲は頭を合わせますが、ガムランは拍子を最後でとるので、日本人には非常に違和感のある音楽となります。これはインドネシア語のアクセントと同じなのです。

最初は違和感のあった曲が最後には耳になじんだのが不思議でした。