正しい釣り人の夏休み2017。その1セブンゴッド

行ってきました。

セブンゴッド香川庵治。

まあ、なんです。

台風のせいで予定が狂いまくりまして。。

結局、高松〜岡山児島〜明石

お馴染みの

な夏休みの釣りになりました。

(;)

初戦はお馴染み庵治の名船

セブンゴッドさん。

船長のさんには、

ビギナーの頃から大変お世話になりまして

特にスピニングタイラバは

この船長から教えて頂きました。

台風の名残が残る前日に高松入り。

今回もお世話になる宿は

ホテルパールガーデンです。

この料金では申し訳ない位に

立派なホテルで、

ホスピタリティも申し分無く。

今回もここをベースに2泊して

セブンゴッドポセイドンの

高松方面の人気船に乗せて頂く予定です。

()v

さて、

当日は

ジュニア2名を含む計7名。

お盆前の平日にも関わらず

流石の人気船!

右舷のミヨシに陣取って

定刻5時半に出船しました。

行きすがら

キャビンで船長に近況を聞きますが

何しろ台風直撃の直後でして。。

それまでは比較的好調だったらしい

のですが。

(;)

最初のポイントはシャロー系。

60のタングステン

台風後の濁りを想定して

マジカルワームのオレンジカーリーのに

グローストライプの細目のストレートを

組み合わせて

巻き巻き開始です

ワタシも含め

船内異常無し。

早めの見切りで

ポイント移動。

船上から覗き込む

海の色は笹濁り。

展開するポイントごとに

魚探にはまあまあの反応が出るのですが、

船内、カスリもせず。

この海域の濁りパターンの

カブラを幾つか試しますが。。

アタリも無く、

スタートのパターンに戻して

巻き巻き巻き巻き。。。

コツ

ドンッ

ようやく

ヒットウ〜!

アタリ方は非常に活性アリ!

なんですが、

手応えは軽く

サンマル君げっちゅです。(;)

まあ、

それでも遠征初物なので

一安心なワタシ。

ミヨシでもチャリコが当って

やっと

サカナっ気が出てきたか

と、

思ったもの

一瞬。

ここからが。。

艱難辛苦

修行

精神修養

我慢大会

欲しがりません勝つまでは

的な、

外道のアタリすら無い

無言の船中になりまして。

天候も曇りなのですが、

異様な高温、湿気、無風。。

遠征初日なので

心折れずに

巻き巻きしますが、

度氷嚢で首筋や後頭部を冷やさないと

意識すら遠のく

タフな船上です。

名船長と誉れ高い

船長も珍しく

ランガン気味に

少しでも濁りの無い

潮の通るポイントを巡ってくれて

魚探には時折激アツ反応も出るのですが。。

船内、アタリも無く。

ワタシのカブラ交換ケースには、

あり得ない程の交換した

カブラの山。

完全に

5000万のイチの迷路に

嵌りかけです。

(;)ノ

そして。。

遂に沖上りの時間も迫って

ほぼ最後のポイントになりました。

水深20も無い

シャロー。

ワタシの手には

この船で鍛えてもらった

スピニングタックル

潮下なので

キャストして筋違いを

巻き巻き巻き。。

すると。。。

逆舷のジュニア君が

ヒットウ〜!

チャリコ、チヌと

連チャンげっちゅ

(o)!

ようやく

本当のジアイ

気合を入れ直し、

やや遠投して

丁寧に巻き巻き巻き。。

ドンッ

ヒットウ〜!

ナント!

約8時間ぶりに

サンゴークンげっちゅです。

(;)

続いて、

逆舷のジュニア君のお父さんも

げっちゅ!

再び

やや遠投して

タッチゴーをシビアにして

スロー気味の巻き巻きに。。。

ドン

ひったくるようなアタリで

ヒットウ〜!

元気アリアリで

シャローを泳ぎまわる

タイ

ハッピータイム

ヨンマルげっちゅで

何とか3枚揃えて

ストップフィッシング。

いやはや。。

台風直後で不安定な海況は

想定内でしたが。。。

想像以上に難儀した

本日。

またまた良い勉強になりました。

しかし、

流石セブンゴッド

本当にありがとうございました。

m()m

釣行データ

日時2017年8月9日水曜日

5時半出船、16時沖上り、16時半帰港。

船セブンゴッド

テーマ2017年夏休み瀬戸内有名船でタイラバ

狙いタイ

タックル

炎月プレミアム69ML-Sオシアコンクエスト201PG改

ビンビンスティックBSS610MLカルディアKIX3000改

ビンビンスティック710UL-STリョウガBJ1012HWL改

08号/35号

使用カブラ

60〜75gタングステン

マジカルワームオレンジカーリーM

オレンジゴールドフレーク