本当の迷惑ってなんだろう

こんにちは。

ここのところ暑い日が続いて眠れなかったです。

ただでさえケガとジジイのことで眠れなかったのにです。

まぁ今、眠れたから良かったです。

寝だめ食いだめはできないですよね。

ま、表現者は全力を尽くすだけです。

そのためにも安息や休息が必要だということです。

まぁ母は今の年齢に至り果たして自分は家族にできることをしてあげられただろうか?、と疑念に受け取っているようです。

優しいですね。

男の子にとって母親という存在は太陽です。母性とは一生涯、男自身に問いかける切っ掛けです。だから男は一生、マザコンです。悪いことじゃありません。とても幸せなことです。

今だけ金だけ自分だけ、ってね。オヤジのサガです。自己の目先の利益と保身しか見えず、周りのことも、将来のことも見えていない。人の命、健康、暮らしを犠牲にしても短期的な儲けを優先する。それを目指した者の先に待っているのは成功や幸せとは反対の未来なのでしょう。自分とはある種、対照的な試練を感じます。

付記

私のことをまっすぐに見ているのは多分、彼女だけでしょう。母でさえも第3者の前では自分の子供は障害を抱えて恥ずかしい、という感情をあらわにします。彼女は障害のことはわかりづらくされてるところもあるけれども、できるできないってそもそも誰が決めるんだろう。、そう普通に口にします。

私も確かに障害年金というものを受給させて頂いております。他の制度生活保護助成金などはなにも受給しておりません。収入は国に申告必須ですし税金は障害年金制度とは別途で納めなければなりません。日本の社会福祉制度が2流3流に陥ったら障害年金制度というものは破綻するのが現実です。私は30歳や40歳の若さで年金を受け取る生活は普通のことではない、と疑問を抱いている1人です。また芸能やエンターテイメントで金銭を頂く世界じたいに疑念を抱いています。普通に働いて別途で芸能やエンターテイメント活動をされていたかたが過去にいない訳ではありません。

田島浩司