フェイスリフト術後一日

昨日はワッキーと診療、40代の女性歌手の方のミニリフト手術をしました。

患者さんはのお悩みはフェイスラインが四角っぽく見えることでした。

その問題を解決するべく、他院で糸による切らないリフト術を受けられましたが、

全く無駄に終わった経験をされています。

詳細な診察の上、手術計画をワッキーと討議し決定。

ミニリフト切開から、頬骨リガメント、上部咬筋リガメント、下顎リガメントをはずし、

広頸筋スマスをァーティカルに引き上げ、ジョウル部分に脂肪注入を施し、

下顎骨下縁、サブメンタルエリアの脂肪吸引を行い、

皮膚は上後側方へ緊張がかからないように引き上げ縫合しました。

今日は手術翌日ですがフェイスバンドをはずして、ドレーンを抜去できました。

患者さんに鏡で状態を確認してもらった所、

四角ぽかったフェイスラインが逆三角形の美しいフェイスラインに変化していることに早速気付かれて、

うん、良くなってるぅ、と喜んでもらえました。

次回は抜糸予定です。

モニターさんなので近いうちにお写真見ていただけると思いまーす。

わけのわからないカタカナ文字出してスミマセン。

要は糸を使った切らないリフトでは、

顔の形態を若返らすことは、構造上困難だということを理解していただきたかったのでーす。

1クリックお願いします。

にほんブログ村

美容外科ランキング